akashic records (LANT019)

by kita kouhei - 北 航平

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥1,500 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD) + Digital Album

    Includes unlimited streaming of akashic records (LANT019) via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days
    Purchasable with gift card

      ¥2,000 JPY or more 

     

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.

about

“Akashic Records” is Kyoto based Japanese musician kita kouhei’s 2nd album following his highly acclaimed debut album “Endless Cycle of Rebirth”. He is a professional drummer and a trained pianist, with a background of black music. “Akashic Records” further explores his soundscape by the usage of various instruments such as piano, kalimba, toy piano, analog synthesizers and slit drums mixing them with field recordings. He has focused on analog textures, and recalls his compositions as abstract paintings. Full of nostalgic feeling and heart warming moments. Also features guest vocalist Naoko Takayama (Carneiro).

くるり 岸田繁 大絶賛!!『 日常の散歩が、未知の世界と繋がっているのかも知れない、、、 そんな少しばかりの希望を指し示すかような音の群像。』

1st アルバムを抜け、たどり着いた先は、スケールの広がった音風景を確立させた意欲作!!サウンドコラージュの中にも多種多様な打楽器や人の声を重ねて作り出したアナログシンセのような音色を散りばめ「生の質感」にもこだわったノスタルジックさ漂う美しさを纏った抽象画のような芸術作品。

〈岸田繁 / くるり・サンフジンズ・作曲家〉-コメント全文-
グリッチ・ノイズ、アンビエントな音像、柔らかなパッドが指し示す季節感、木漏れ日のように光を指し示すピアノ、子供達の遊び場に転がっているようなカリンバの遊び、グルーヴには届かないブロークン・ビーツとカットアップ、遠くから聴こえる女性ボーカル…どこかで聴いたことのある音たちが控えめに鳴り響くベッドルーム・ミュージック。

ジャンルで言うところの、それなりに形式的なエレクトロニカ/ポストチルウェーブ。全てがそれなりに使い古されたものなのかも知れないけれども、もしかしたら日常の散歩が、未知の世界と繋がっているのかも知れない、と言い換えられるかのような、少しばかりの希望を指し示すような音の群像。

その作り手は僕の小学校の同窓生で、転校生。こないだ初めて喋りました。いい顔をしてました 笑。


〈廣田明香 / イラストレーター〉
朝目覚めて、聴こえてくる心地よい音。母親が動く音。
食事を作ったり、掃除機や洗濯機を回す音。
幼い頃の、聴こえてくる母親の音に安心して、ベッドでもう一度眠った。

“アカシックレコード”を聴いて、刹那さと懐古する感覚になった。

そして、私が無償の愛に包まれていた時代に帰りたくなった。
幼い頃に、私を包んでくれていた母親の愛。そして、祖母の愛。
包んでくれていたのは、母や祖母だけではない。自然の愛にも包まれていた。
空が、水が葉っぱが土が、今よりももっともっと近くにあって、そこにはいい匂いも、臭い匂いもあったけど、肺の中までいっぱい吸いこんだ。

ああ、もっと追憶したい、あの頃のこと。
でも、もう、忘却の彼方…。

幼い頃の何気ない記憶は、ほんの少ししか覚えていない。
だけど、その記憶も忙殺される日々に忘れていきそう…。
消滅してしまいそうな小さな記憶に、
“アカシックレコード”は「忘れてはいけないよ」と釣り糸を垂らして、引っ掛けてくれる。
時空を越えて、記憶の再生ボタンに触れてくれる。

〈アルバムについて〉
生命の誕生、遥か彼方への航海、消えゆく記憶、そしてまた始まりへ。宇宙誕生以来すべての事象・想念・感情が記録されているという
世界記憶の概念である「アカシックレコード」を表現した本作は、ファーストアルバムのテーマを引き継ぎながらも更にその世界観をスケールアップ。フィールドレコーディングによる自然音や環境音、ノイズなどをコラージュし、抽象画のような「音」の世界観を構築している。
また、ピアノやカリンバ、トイピアノやスリットドラム、ジャンベをはじめとした様々な打楽器、さらには人の声を重ねて作り出したアナ
ログシンセのような音色など「生の質感」にこだわったサウンドも聴きどころのひとつである。そして、前作同様にサウンドイメージをよ
り深く想起させるジャケットのアートワークも自ら手掛ける。ゲストボーカルとして、独自の感性と切ない歌声でミュージシャンからも高い評価を集める高山奈帆子(カルネイロ_ e x F o n o g e n i c o ) が1 s t アルバムに引き続参加。

■Profile

1976年生まれ、京都市在住の音楽家、打楽器奏者。幼少の頃より親しんだピアノ、プロの現場で培っ た打楽器の技術、常に一緒に過ごしてきた絵画の美的感性を駆使し、生楽器と電子音楽が融合し た唯一無二の音風景を創造するアーティスト。自然音やノイズを用いたブラックミュージックをルーツとするタイトでキレのある卓越したリズムセンスと、美しく切ない感情表現の融合により、 個性的でアーティスティックなサウンドコラージュの世界を確立している。また、CM やドキュメ ンタリー番組、前衛系舞台やアートイベントの音楽なども多数手掛け、第 51 回ギャラクシー賞 CM 部門選奨受賞。ドラマー・パーカッショニストとしての参加は、A Hundred Birds、Sly Mongoose、Cosa Nostra、Flicker Tone、tick、Round Table、Fonogenico、Unlimited Tone、ミ トカツユキ、ロケットマン(ふかわりょう)、塩次伸二、妹尾隆一郎、植村花菜、中村舞子など、 その他多数。

credits

released May 25, 2016

license

all rights reserved

tags

about

NATURE BLISS 東京都, Japan

Independent record company based in Tokyo, Japan. Since 2005, we have released over 250 fresh music from all over the world from our in-house labels, SPEKK, the ETHNORTH GALLERY, Panai, kaico, Lantern, Wonderyou, Kurage, Happy Prince, Fennely, Primo, Moamoo and more.

特定商取引法に基づく表記、プライバシーポリシーはこちら
www.naturebliss.jp/privacy.php

address:
3-13-6 Yanaka, Taito-ku, Tokyo
110-0001 Japan
... more

contact / help

Contact NATURE BLISS

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

If you like akashic records (LANT019), you may also like: