MIGRATION (HPPR003)

by THE BIRD ENSEMBLE

  • Compact Disc (CD)

    ships out within 3 days

      $16 USD or more 

     

about

The Bird Ensembleはアメリカのナッシュビル出身の6人組バンド。アメリカ伝統のミニマリズムに強く影響を受け、インプロヴィゼーションを重ねながら、それらにエディットを施す手法で録音された本作は、2007年、彼らの自主制作によってリリースされた。非常に流通が悪いにも関わらず、世界中のコアなポストロック・ファンを虜にし、「2007年のポストロックの密かなる名盤」という評価を確実にした本作は、The Album Leafのデビュー・アルバムなどを思わせる、ミニマルながらもメロウで、美しいメロディーが押し寄せる箇所が各曲にあり、聴き手の集中力を切らさない。ヴォーカルあるいは轟音パートを取り入れるバンドが多い昨今のポストロック・シーンにあって、本作はポストロックの原点を思い起こさせてくれる、貴重な作品となるだろう。この度、Happy Princeよりライセンス・リリース。

- ARTIST PROFILE
Richard Candler ... エレクトリック・ギター、キーボード
Michael Hix ... エレクトリック・ギター、キーボード
Carson Leverett ... テープ
Charlie McClain ... ベース
Jason McClain ... ドラムス
Kyle Williams ... エレクトリック・ギター

2005年に、テネシー州ナッシュビルのベルモント大学で出会った、Michael HixとKyle Williamsによって始められたプロジェクト。ベルモント大学の豊かな音楽コミュニティと録音環境の中で、エンジニアリングを学んでいたCarson Leverett、The Slow and Steady WinnerのメンバーでもあるJason McClainをはじめ、メンバーが徐々に集まり始める。バンドのコンセプトは、特定のメンバーを持たず、参加者の誰もが平等に権限を持つというもので、その証拠に本作製作以降、Michael Hixは、Jason McClainの脱退に伴い、ドラムスへパートを移したりしている。2006年の秋からは、Michael HixとKyle Williamsが2人で始めていたころのアイデアをベースに、アルバム製作に突入。2007年にはデビュー・アルバム"Migration"を発表し、ほとんど流通に乗っておらず、デジタル配信が中心という悪条件ながら、コアなポストロック・ファンから高い評価を受けた。バンドは、ほとんど「無」の状態でリハーサル・スタジオに入り、インプロヴィゼーションを繰り返すことで、楽曲の核となる部分を見つけ出そうとする、ジャズ・バンドのようなスタイルを持つが、どの楽曲にも確固たる構造と流麗なメロディーがあり、それは、バンドに多大な影響を与えている、Steve Reich、Philip Glass、William Basinskiなどアメリカ伝統のミニマリズムを現代的にアップデートしたものであることが窺える。現在は、不特定のメンバー編成ながら、次回作を制作中。

credits

released October 28, 2015

tags

about

NATURE BLISS 東京都, Japan

We are an independent record company based in Tokyo, Japan. Since 2005, we have released over 200 fresh music from all over the world. We are the home for labels, SPEKK, Panai, kaico, Lantern, Wonderyou, Kurage, Happy Prince, Fennely, Primo, Moamoo and more.

特定商取引法に基づく表記、プライバシーポリシーはこちら
www.naturebliss.jp/privacy.php

address:
3-13-6 Yanaka, Taito-ku, Tokyo
110-0001 Japan
... more

contact / help

Contact NATURE BLISS

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code