Semi​-​Impressionism (kk020)

by Tetuzi Akiyama + Toshimaru Nakamura

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥1,500 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD) + Digital Album

    Includes unlimited streaming of Semi-Impressionism (kk020) via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 3 days
    Purchasable with gift card

      ¥2,300 JPY or more 

     

1.
(track1) 18:28
2.
(track2) 15:57
3.
(track3) 24:37

about

Text by Toshimaru Nakamura

While me and Tetuzi were playing in a city called Novisad, a local journalist came up to us. He seemed pretty drunk and we wanted to keep distance from him but the guy insisted "Let me speak one more word". At first with a tweaking voice and then loudly he claims "Zen Noise". He probably meant "the Zen" noise but we were wondering what his point was at first. After few days, me and Tetuzi were on the land of Sweden. One morning, in a hotel lobby, we found a review of our performance on some newspaper. They noted our duo "Zen Impressionism". Comparing (if that is possible in the first place..) to the Zen knowledge of the average Japanese, mine is poor so I felt a little guilty being rewarded with such a magnificent word. At the same time, I felt the word "Zen" is being used so convenient and easily.. To tell the truth, we are used to playing abroad so I would say this isn't the first time being expressed in that manner. When I was young, I felt sometimes irritated being said in this way. But now, I would just think "oh, just like always" or "haven't been struck like this for a long time" and these comments wouldn't really hurt or itch myself at all. But then again, and somehow this time, we got excited with a morning coffee discussing "we must not let this go, we have to drop a message to this". So our action was to release a CD entitled "Zen Impressionist". How brave! Anyway, so it means this CD existed before the quality of the sound. We decided to express the "Zen" letter in calligraphy so we asked a calligrapher to draw the letter. Our hope was to have it drawn in a dynamic stroke to express the excellence of the word. And if it was written by a calligraphy brush, we also thought it would give foreigners an impression that they might have seen the word somewhere. When looking at the result of the drawing, we found out that the left part of the "Zen" letter was slightly different and instead formed the word "Semi (=cicadas)". Cicadas are noisy insects in the summertime. It turned out that the sample letter we provided to the calligrapher was miswritten. I guess the calligrapher also shook her head wondering why we had her write just the word "Semi".


Episode by Toshimaru Nakamura

I was taking a walk in a park, a huge area that was once a castle built by a warrior in the Muromachi era, and later became a place of retirement for the first Edo Shogun, Ieyasu Tokugawa. The sound of cicadas was so intense that it made my ears itch. I was curious and wanted to see some of these insects, so I looked up into the branches of one of the large trees, though I could not see a single cicada. I tried searching in another tree, yet still could not find one. Meanwhile, I had been somewhat blinded by the glare of the morning sky and my neck had begun to ache, and so I gave up. I started to walk again, thinking that there was something I had missed, or simply did not understand. Cicadas were crying or screaming, or whatever, at the top of their voices, yet it seemed as though they did not want to be seen. If they needed to hide themselves from their enemies, they had better of stay quiet. It made no sense to me. Wanted to be heard but not seen? Oh … hey yes, I see … I get it.

秋山徹次と私が、セルビアのノヴィ・サドという町で演奏した時のこと。終演後に、 地元のジャーナリストと名乗る男性が話しかけてきた。かなり酒が入っているようで、 相手をするのが面倒だったから適当に切り上げようとすると、『もうひとこと言わせてくれ』 と引き止められ、初め絞り出すように、そしていよいよ勢いよく飛び出してきた言葉が 『ゼン・ノイズ』である。禅ノイズということであろう。それが何かを意味するかはわからなかった。

数日後、秋山と私はスウェーデンの地にあった。ある朝、ホテルのロビーで、どこかの公演の 評を新聞で見つけた。我々のデュオを指して、zen impressionism とある。一般的な日本人の 標準的な禅に関する知識の量と比しても(そんなものを量れればということだが) 私のそれは乏しいから、そんな立派な言葉を冠していただくことに後ろめたさを感じた。且つまた、 『禅』という言葉は便利で安易に流布しているものだなあと思った。

実のことを言うと、秋山も私ももうしばらくの間海外での公演をしてきているから、 こういう言葉を使われることは既に何度も経験済みである。若い頃には、それが我々にいらだちの ような反応をもたらしたものであったが、現在となっては「相変わらずなのねえ」「久しぶりに 食らったな」ぐらいのもので、痛くも痒くもないのである。ところがどうしたことか今回に限って、 「いやしかし、歳をとったからと言ってこれを見過ごしてはいけない、ここはひとつ何か こちらからも一石投じねば」と、朝の珈琲を手に我々は盛り上がった。そこで我々が取った行動とは、 『禅印象派』というタイトルのCDのリリースを計画するという挑発的なものである。 なんとも勇ましいではないか。

ま、つまり音楽の内容の良し悪しを見る以前に、このCDは存在していたということであるが。

表題に使う『禅』の字は毛筆で表そうということで、書道家にお願いした。 立派な言葉なのであろうから、それにふさわしい風格のある書体で提示したかった。 かつ、毛筆で書かれていれば、日本人以外の方々にも、どこかで目にしたことがあるという程度の 印象を持ってもらえるのではないかとも考えた。出来上がってきた書を見ると、左半分が 『禅』の字とはちょっと違っていて、全体として『蝉』の字を構成していた。蝉は、夏にうるさい あの昆虫である。我々が「この字です」と渡したサンプルが間違っていたということだった。 書道家の方も、なぜ『蝉』の字を一文字頼まれたのか、首をひねっていたことであろう。

陽はたったいま昇ったばかり。また一日、夏の或る日が始まるのだ。建物や道路 などの 人工構造物が前日の熱を蓄えていて、すでに暑い。いや、それら建造物 は、前日には前々日の 熱を残していたであろうから、そのようにたどっていく と、竣工相成った時からの熱の総量が、 そばを通りかかる僕にまで祟っているよ うに思えてくる。僕は静岡市に来ていて散歩を していたのだが、そうこうするうち大きな城跡に作られた公園の前に立った。告知板には、 城は室町時代に築 かれ、時代が下って江戸時代の初期に、将軍職を退いて大御所となった徳川家康 が住むために改築されたものだとある。変遷の末に上屋は既に無いが、祟り は深く大きい。 祟りは熱でだけではなく蝉の声となって降り掛かってくる。それ は耳のなかが痒くなるほどの 音量で、うるさい。東京にもいるアブラゼ ミの通奏持続音より目立つのは、一定のリズムで鳴く クマゼミである。クマゼミ という呼び名は、その後、地元の人に訊いて教えてもらった。これが 『シェイシェ イシェイシェイ・・・』と延々と続くのだが、鳴きはじめの辺りが 『死ね死ね死 ね死ね』と聞こえる。まあ言われなくてもそのうち死ぬんだけども、 もうちょっ と待ってほしい。と、そのように申し立ててやろうとしたわけではなく、ただ、 あまり耳に馴染みの無い鳴き声だから、どんな格好をしているのかなと思って大 きなケヤキの木を 見上げた。ところが、どう目を凝らしても蝉を見つけられな い。時折、木から飛び立っていく様を 見ることは出来たのだけれども、木に留 まって呪文を唱えているお姿は拝見できない。 明るい空を見上げて、逆光の木の暗がりに目を凝らしていたから、たいそう疲れ てきた。 そうこうするうちに首も痛くなったので、諦めて探すのを止した。事を 中途で止したのだから、 釈然としない気持ちが残った。蝉はあれだけの音量で鳴 き声を発しておきながら、 まるで巧みに姿を隠すようにしている。見つかりたく ないのであれば、最初から音など 出さなければ良いものを、敢えて音を隠しよう の無いほどの音量で鳴らし散らしておきながら姿は 見せない。そこが理屈にか なっていない。聴かれたいけれども、見られたくない。 あ・・・・・・、何だ、 そういうことか。わかりました。

■Profile

Toshimaru Nakamura has been producing electronic music on self-named " no-input mixing board," after long unhappy years with the electric guitar. The name describes the method of his music. "No" external sound source is connected to "inputs" of the "mixing board." Mostly an improviser, occasionally a composer for dancers, an instrumentalist for compositions.
Tetuzi Akiyama specializes in creating music with elements of both primitivism and realism by connecting his own aspirations, in a minimal and straightforward way, to the special instrumental qualities of the guitar. Sometimes delicately and sometimes boldly, he controls sound volumes ranging from micro to macro, in an attempt to convert the body into an electronic entity.

中村としまるはノー・インプット・ミキシング・ボード奏者。市販の小型オーディオ・ ミキサーに無理な結線を施し、ノー・インプット・ミキシング・ボード と名づける。 それを用いて即興演奏をおこなう。

秋山徹次はギターという楽器の持つ特質に、自身の欲求をミニマルかつストレート な形で加えていくことによる、原始的で即物的な意味合いを含んだ演奏 を得意とする。 ミクロからマクロに至る音量を、繊細に、ときには大胆 にコントロールし、身体の電子化を試る。

credits

released October 22, 2009

Tetuzi Akiyama : acoustic guitar
Toshimaru Nakamura : no-input mixing board

track 1:
recorded by Erik Carlsson and Henrik Olsson at Haga Teatern in Goteborg, at Norrkopings Konstmuseum in Norrkoping and at Kulturkiosken in Gavle, Sweden (17, 19, 20, May 2008)

track 2:
recorded by Erik Carlsson and Henrik Olsson at Fylkingen in Stockholm, Sweden (15 May 2008)

track 3:
recorded by Noid at Rhiz in Vienna, Austria (26 May 2008)

Concerts in Sweden were organised by Erik Carlsson and Henrik Olsson
Concerts in Vienna was organised by Billy Roisz and Dieb 13

edited and mixed by Toshimaru Nakamura
mastered by Zengyo

calligraphy by Nobuko Yasuda
drawings and stamp created by Satoshi Ogawa
artwork design by mondii

English text was previously presented as an accompany for Nakamura's music piece in a sound exhibition "21:100:100" at Gertrude Contemporary Art Spaces (GCAS), Melbourne, Australia 2008, translated by Jared Davis

Thanks to Erik, Henrik, Billy, Dieter, Sylvia Faesler, Burkhard Stangl and Kae Uchihashi

license

all rights reserved

tags

about

NATURE BLISS 東京都, Japan

Independent record company based in Tokyo, Japan. Since 2005, we have released over 250 fresh music from all over the world from our in-house labels, SPEKK, the ETHNORTH GALLERY, Panai, kaico, Lantern, Wonderyou, Kurage, Happy Prince, Fennely, Primo, Moamoo and more.

特定商取引法に基づく表記、プライバシーポリシーはこちら
www.naturebliss.jp/privacy.php

address:
3-13-6 Yanaka, Taito-ku, Tokyo
110-0001 Japan
... more

contact / help

Contact NATURE BLISS

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

Report this album or account

If you like Semi-Impressionism (kk020), you may also like: